ヘアサイクルと育毛剤

ヘアサイクルと育毛剤

髪の毛が抜け落ちてしまう「休止期」が概ね3ヶ月程度続き、髪の毛が成長をする「成長期」は約2〜7年、最後に髪の毛が抜ける準備期間である「退行期」が約3週間あるのです。健康な髪の毛の状態だったとしましても、1日に約50本から100本は抜け毛となるのはごく普通のことであってその程度の抜け毛だったら全く心配する必要はないです。そのときはまた別の新規育毛剤を試実行してみますと最善でしょう。さすがに一年経過しても育毛剤の効果が見れない時には、効果が無かったということになるのでしょう。また3ヶ月後に、斬新髪の毛が生えてくるのではありません。こにみようかなサイクルを繰り返し、髪の毛は変化を続けるのです。知ってのことかもしれありませんが、髪の毛ということはヘアサイクルがあげられます。髪の毛は成長期から退行期、さらに休止期に至り、再度成長きに戻るという一定のサイクルによりまして抜け生えを繰り返しているのです。こういうヘアサイクルの関係によって、退行期に持ち込んだ時、髪の毛に対して育毛剤を使用したんだとしても、結果的のところ休止期を経て成長期に入るまで最低3ヶ月は必要なので、早々に効果を実感するのは出来ません。かりに、抜け毛の量が減ってきたり、新しく生えた髪にコシはハリが見られるようだったら、育毛剤の効果が表れているといってもいいでしょう。最新髪の毛が発毛してくる「土台」が整い始めるのです。どういうなに健康な髪の毛であっても是非とも寿命はあげられます。

トップへ戻る